文字
サイズ

Windows Updateを実行する

マルウェアにセキュリティホールを利用され感染しないように、
Windows Updateで修正プログラムを適用することが重要です。

修正プログラムの適用が行われていないと、駆除を行ったとしても根本原因が修復されていないために再感染してしまいます。下記の手順を参考にWindows Updateを実施してください。
Windows XP は2014年4月9日にサポートが終了し、以降の修正プログラムの提供は行われていません。


サポートの終了した
Windows XPなどのOSは危険です!
すぐに新しいOSに換えましょう

左記のOSはマイクロソフト社のサポートが終了しており、セキュリティホール(ぜい弱性)の修復が提供されません。
インターネットに接続するとわずか数分でウイルスに感染してしまい非常に危険です。最新のOSに換えましょう。
危険性について 詳しくはこちら

Windows Updateが実行できない場合の対処手順

感染しているマルウェアによっては、Windows Updateを妨害するものもあります。
Windows Updateが実行できない場合は、「Windows Updateが実行できない場合の対策手順」を実施してください。
Windows Updateが実行できない場合の対策手順 詳しくはこちら

ACTIVEからの感染通知を受けた方へ

ACTIVEではマルウェアの感染者にメールで注意喚起を行っています。すぐにマルウェアの駆除を行いましょう

このページをシェア

このエントリーをはてなブックマークに追加
ページの先頭へ