文字
サイズ

パーソナルファイアウォールを有効にする

ブロードバンドルーターを使用していない場合や、公衆無線LANなどに接続する場合には、パーソナルファイアウォールの利用が特に重要です。

パーソナルファイアウォール

パーソナルファイアウォールとはコンピュータと外部ネットワークの通信を制御するアプリケーションであり、WindowsXP SP3以上のWindowsやウイルス対策ソフトについている機能です。
モバイル機器をUSB接続してのインターネット接続のようにブロードバンドルーターを使用していない場合や、公衆無線LANのように不特定多数の端末が接続されているNWに接続する場合には、パーソナルファイアウォールが特に重要になります。

Windows OS名とバージョンの確認

Windowsのパーソナルファイアウォールに関しては、Windows OS名、バージョンにより設定方法が異なりますので、バージョンを確認の上、パーソナルファイアウォールの設定を行ってください。

スタートをクリック

※Windows Vista,Windows 7の場合はをクリック



「名前」欄にmsinfo32と入力しOKボタンをクリック

※Windows Vistaは「検索の開始」欄、Windows 7は「プログラムとファイルの検索」欄にmsinfo32と入力しEnterキーを押す。



システム情報画面が表示されます

下図の赤枠内、1がWindows OS名、2がバージョン名です。
ServicePack(サービスパック)表示の後ろの数字が適用されているServicePack(SP)です。
Windows XPでSP3以外の方はまずはこちらのページから、SP3へのupdateを実施してください。




Windowsでのパーソナルファイアウォールの設定方法


確認したWindows OS名、バージョンを選択して、パーソナルファイアウォールの設定を行ってください。



サポートの終了したWindows XPなどのOSは危険です!
すぐに新しいOSに換えましょう

詳しくはこちら

ACTIVEからの感染通知を受けた方へ

ACTIVEではマルウェアの感染者にメールで注意喚起を行っています。すぐにマルウェアの駆除を行いましょう

このページをシェア

このエントリーをはてなブックマークに追加
ページの先頭へ