文字
サイズ

セキュリティ対策ソフトを最新版に更新する

最新版のセキュリティ対策ソフトを利用して、感染を防ぎましょう。
ウイルス定義ファイルを常に最新の状態に保つことも大切です。

マルウェアは毎日新しいものが発見されているので、
それらに対応できるようソフトを常に最新の状態に保つことが重要です。
感染の危険を減らすために、セキュリティ対策ソフトは最新版にバージョンアップを行いましょう。

セキュリティ対策ソフトを使うときはここをチェック!

ソフトの有効期限が過ぎていないか確認しましょう

セキュリティ対策ソフトは新しい脅威からもパソコンを保護できるよう、常に情報を更新していますが、
その情報を更新できる期間が限られているソフトが多いため、有効期限を過ぎると危険度が増加していきます。
有効期限が近くなったら、ライセンスの更新を行いましょう。

ウイルス定義ファイルを常に最新の状態に更新しましょう

毎日新しいマルウェアが発見されています。この新しいマルウェアに対応するためには、
マルウェアを発見するための定義ファイル(ウイルスパターンファイル)の更新が必要です。

定期的にパソコンのウイルスチェックを行いましょう

パソコンがウイルスに感染していないかどうか、必ずチェック(スキャン)を行いましょう。
安心してパソコンを使うために、確認は定期的に実施することをおすすめします。

ACTIVEからの感染通知を受けた方へ

ACTIVEではマルウェアの感染者にメールで注意喚起を行っています。すぐにマルウェアの駆除を行いましょう

このページをシェア

このエントリーをはてなブックマークに追加
ページの先頭へ