文字
サイズ

ウイルス対策ソフト導入状況の確認

ウイルス対策ソフト導入状況の確認

ウイルス対策ソフトが、導入されているかわからない、更新期限が過ぎているかわからないという方は、以下のいずれかの方法で確認してください。
確認し導入されていない、期限切れという方は、ウイルス対策ソフトの購入方法を参照し、必ずウイルス対策ソフトを導入してください。

セキュリティセンターでの確認(Windows XP ServicePack2以上)
Windowsのセキュリティセンターを表示して確認します。

ツールバーのアイコンで確認
ツールバーに表示されるウイルス対策ソフト(代表的な物のみ)のアイコンで確認します。

セキュリティセンターでの確認(Windows XP ServicePack2以上)

1 [スタート]-[ファイル名を指定して実行]をクリックします

※Windows Vista,Windows 7の場合はをクリック。
※Windows 8の場合は検索ボックスを表示。



2 「名前」欄にwscui.cplと入力しOKボタンをクリックします

※Windows Vistaは「検索の開始」欄、Windows 7は「プログラムとファイルの検索」欄にwscui.cplと入力しEnterキーを押す。
※Windows 8は検索ボックスにwscui.cplと入力し、結果に表示されたwscui.cplをタップまたはクリック。



3 [セキュリティセンター」が表示されます

(Windows Vista,Windows 7,Windows 8の場合はアクションセンター)



4 ウイルス対策ソフトの導入状態を確認します
  1. a欄のアイコンをクリック
  2. b欄のウイルス対策が「有効」になっているかを確認
  3. c欄は導入されているウイルス対策ソフト名になります

※一部のウイルス対策ソフト、パソコンの設定によっては表示されない場合があります。



5 ウイルス対策が「有効」になっているか確認します。

有効になっていない場合

ウイルス対策ソフトが導入(インストール)されていないか、更新期限が切れています。
ウイルス対策ソフトを購入しインストールを行ってください。
※ウイルス対策ソフトがインストールされ、期限も切れていない場合でも設定によっては警告が表示されている場合がありますのでご注意ください。


監視していませんと表示される場合

導入しているウイルス対策ソフトの更新期限が切れています。
更新期限が切れている状態では、新しいウイルスを発見することができません。
更新を行うか新しいウイルス対策ソフトを購入してください。


ツールバーのアイコンで確認

ウイルス対策ソフトが導入されるとツールバー(画面の右下、時間表示の横)にウイルス対策ソフトのアイコンが表示されます。このアイコンから導入されているウイルス対策ソフトを探し、期限がきれていないかの確認を行います。
ただし、ここで例示するウイルス対策ソフトのアイコンは一般的なものであり全てを網羅しているわけではないためご注意ください。

1 ツールバーのアイコンの確認


上記に示すアイコンが点線枠内の領域に、下表のウイルス対策ソフトのアイコンのいずれかが、表示されているかを確認します。
※ここに記載するウイルス対策ソフトのアイコンは、代表的なものであり全てを網羅しているわけではありませんのでご注意ください。

カスペルスキー
シマンテック
マカフィー
トレンドマイクロ
マイクロソフト
2 ウイルス対策ソフトのアイコンをダブルクリックし、ウイルス対策ソフトの管理画面を表示します
3 更新期限(有効期限)が切れていないかを確認します

更新期限が切れている場合は、新しいウイルスを発見することができません。更新を行うか新しいウイルス対策ソフトを購入してください。

各ウイルス対策ベンダー毎の更新期限の確認方法

ACTIVEからの感染通知を受けた方へ

ACTIVEではマルウェアの感染者にメールで注意喚起を行っています。すぐにマルウェアの駆除を行いましょう

このページをシェア

このエントリーをはてなブックマークに追加
ページの先頭へ