文字
サイズ

ウイルス対策ソフトをインストールする

安全にインターネットを楽しむためには、ウイルス対策ソフトのインストールが必要です。

ウイルス対策ソフトが入っていない、入っているか分からない、更新期限が切れているかもしれない、 という方は、ウイルス対策ソフトがインストールされているかを確認してください。 インストールされていない場合は、製品版ウイルス対策ソフトのインストールを推奨します。

マルウェアの感染源からパソコンを守りましょう

マルウェアの感染源は多岐に渡りますが、主流となる感染源は下記のとおりです。

Web感染型 マルウェアを配布するサイトへのリンクが埋め込まれたホームページを 閲覧して感染します。
ネットワーク感染型 インターネットに接続しただけで外部からの感染攻撃により感染します。 WindowsOS等の基本ソフトの設定の不備が悪用されます。
メール添付型 メールの添付ファイルにマルウェアが埋め込まれており、この添付ファイルをクリックすることにより、感染します。
外部記憶媒体感染型 USBメモリ、デジタルカメラ、ミュージックプレーヤー等の外部記憶媒体を 介して感染します。

インターネットに接続しただけ、ホームページを閲覧しただけで感染するのが今の実態です。
このような環境の中、マルウェア感染からパソコンを守るためには、
ウイルス対策ソフトをインストールし常時保護をすることが必要です。
自分の端末を守るためにも、ウイルス対策ソフトのインストールを行ってください。

ウイルス対策ソフトのインストール手順

  • ウイルス対策ソフトのインストール

    対策ソフトをインストールしていない方は必ずインストールしてください。

  • ウイルス定義ファイル(パターンファイル)の更新

    ウイルス定義ファイルが最新の状態になっていることを更新日等で確認してください。

  • ウイルス対策ソフトによるウイルス検索と駆除の実施

    一度検索と駆除を行った後も、日時を指定して自動実行するなど、定期的な検索を実施してください。

ウイルス対策ソフトが上手くインストールできない、上手く動作しないときは、以前入っていたウイルス対策ソフトが確実に削除されているかを確認し、再度ウイルス対策ソフトをインストールしてください。

ウイルス対策ソフトについてよくある誤解

更新期限は切れていても、ウイルス対策ソフトは機能している。

毎日新しいマルウェアが発見されています。この新しいマルウェアに対応するためには、
マルウェアを発見するための定義ファイル(ウイルスパターンファイル)の更新が必要です。
更新期限が切れたウイルス対策ソフトでは、この定義ファイルの更新ができないため、
日が経過すればするほど危険度は増加していきます。

ウイルス対策ソフトを入れるとパソコンの動作が重くなるので、入れていません。

重くなるという原因の多くは、ご自身のパソコンに搭載するメモリが足りないために発生しています。
また、今のウイルス対策ソフトは、昔と比べて必要メモリ数も少なく軽くなっています。
搭載メモリを確認し、足りない場合は増設を行ってください。

マルウェアはメールから感染するのだから、注意していれば大丈夫。

今の感染源は多岐に渡っています。特にホームページから感染するマルウェアは、
「危ないページ」に気をつければ良いというのは、遠い昔に言われていたことで、
今は企業から個人サイトまで普通のページにもマルウェアへのリンクが埋め込まれている時代です。
いくら気をつけていてもウイルス対策ソフトの助けなしでは、防ぐのは困難です。

ACTIVEからの感染通知を受けた方へ

ACTIVEではマルウェアの感染者にメールで注意喚起を行っています。すぐにマルウェアの駆除を行いましょう

このページをシェア

このエントリーをはてなブックマークに追加
ページの先頭へ