文字
サイズ

お知らせ

お知らせ 2014/07/18

インターネットバンキングに係るマルウェア感染者に対する注意喚起について

総務省、複数の国内インターネット・サービス・プロバイダ(ISP)事業者、およびセキュリティベンダ等の事業者は、国内のインターネット利用者を対象に、 マルウェア駆除の注意喚起をする等の実証実験を行う官民連携プロジェクト(ACTIVE: Advanced Cyber Threats response InitiatiVE)に取り組んでおります。

昨今、コンピュータのマルウェア感染を原因とするインターネットバンキング不正送金事案が多発しており、これを踏まえて現在、米国連邦捜査局(FBI)及び 欧州刑事警察機構(ユーロポール)を中心とし、我が国警察を含む協力国の法執行機関が連携し、インターネットバンキングに係るマルウェア(Game Over Zeus) の国際的な感染駆除作戦が実施されています。

本作戦によってマルウェア感染端末の情報が得られることから、平成25年度11月1日より実施しているACTIVEを通じて、該当マルウェアに感染している利用者への 注意喚起を実施することと致しました。

本作戦において得られた当該マルウェアへの感染端末に関する情報を元に、ACTIVEの取組を活用して、国内インターネット・サービス・プロバイダ(ISP)事業者に 対して感染者に関する情報提供を行い、各ISP事業者から利用者への注意喚起を実施します。

関連情報

・総務省
インターネットバンキングに係るマルウェアへの感染者に対する注意喚起の実施
http://www.soumu.go.jp/menu_news/s-news/01ryutsu03_02000080.html

・警察庁
インターネットバンキングに係る不正送金事犯に関連する不正プログラム等の感染端末の特定及びその駆除について ~国際的なボットネットのテイクダウン作戦~
http://www.npa.go.jp/cyber/goz/index.html

このページをシェア

このエントリーをはてなブックマークに追加
ページの先頭へ